サービスの種類が増えつつある介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームは65歳以上で介護サービスを必要とする方が入居するところですが、高齢であれば健常者も入所ができる混合型など幅広いサービスが提供されるようになりました。

胃ろうや気管切開などで医療的な処置が必要な場合は、すべての介護付有料老人ホームで医療ケアの対応ができる訳ではないため、きちんと対応ができることを明記している施設を探す必要があります。施設から病院への送迎がある場合、入居施設から近い病院に入居者複数人で通院することになる場合があり、これまでのかかりつけ医では無くなる可能性もあります。

一般的に受けることができるサービスは食事や入浴の介助ですが、看護職員がいる施設だと服薬や健康管理なども充実していてより安心できる生活を送ることができます。



リハビリやカウンセリングを行える専門の職員を配置しているようであればより良いです。

入居中に楽しみがあるように、定期的にレクリエーションなどが実施されていると活動量も自然と増えてきます。

介護付有料老人ホームを選ぶときには設備の充実度を知ることも大切なポイントで、居住スペースだけでなく、トイレや浴室などから共同設備、キッチンあるいは食堂、コミュニティルームなども見たり、趣味を持ったり娯楽ができる施設が併設されているとより充実した入居生活ができます。


入居にあたり、本人との面談があったり介護の必要性やこれまでの状況、資産や収入面などの確認も行われます。

知って大満足のOKWaveのことならお任せください。

診断書の提出が必要な場合もあります。

介護付き有料老人ホームってとにかくお勧めなんです。

MENU