健康型有料老人ホームについて

有料老人ホームには、3つの形態がありますが、その中の1つに健康型と呼ばれるタイプがあります。


健康型有料老人ホームは、大きな特徴としては、基本的に介護認定がなされていない高齢者や支援の必要がない高齢者を対象とした施設になっている点があり、ここでは、介護保険の適用がされないサービスが提供されます。



生活に支障が無い人が入居をするために、日常生活を楽しむための設備が充実している施設も多く、反面、介護が必要となった場合には退去をすることになります。


健康型有料老人ホームは、外部サービスを利用することで生活の充実を得ることが可能となりますが、一般的には費用が高い面があり、施設によって違いはあるものの、入居一時金として高い場合には数千万円、月額費用に関しても10万円から40万円程度が必要になります。しかし、設備面においては、シニアライフを楽しむ施設が充実しており、施設によっては、理美容室や図書館、スポーツジムやシアタールームなどを設けているとこともあります。

健康型タイプにおける入居基準としては、他のタイプ同様にそれぞれの施設が設けていますが、概ね、年齢においては基本60歳以上、介護レベルとしては自立から軽度の要介護の人、支払が可能かどうかの内容があります。

有料老人ホームは評判がとっても良くて有名です。

認知症に関しては対応をしていませんが、共同生活が必須となっていないために、廻りを気にすることなく自由に入居後の生活をすることができるようになっています。

こだわりの高いOKWaveの最新情報ならこちらを参考にしてください。

MENU