有料老人ホームって?

日本には色々な高齢者施設があります。


特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、その他・・・。



おそらく医療・介護関係の人でないとこれらの違いを説明するのは難しいでしょう。

特別養護老人ホームは重度の要介護者の終の棲家、介護老人保健施設は看護やリハビリの管理が必要な方のために一時的に要介護者が入居する施設です。

これらは介護保険上施設サービスに分類されます。有料老人ホームは介護保険上は居宅サービスつまり家と同じ位置づけになっています。
有料老人ホームは生活上便宜を図りつつ、高齢者に住んでもらう場所ですが、どの程度の手助けをしてもらえるかはその施設のタイプによって様々です。

最初から施設に介護サービスがついているもの、ヘルパーやデイサービスなどの外部サービスを利用するもの、ある程度生活が自立した方しか入居できないものなどが挙げられます。

マイナビニュースに関してお困りですか。

有料老人ホームと特別養護老人ホーム・介護老人保健施設を比較すると、前者は殆どが個室に住み必要な場合にサービスを受けることができます。


また、数も多くあり、入居の条件も緩いので、高齢者であればどこかの有料老人ホームに入ることはそう難しくありません。

信頼性の高い有料老人ホーム情報が揃っています。

後者は、看護師や介護職員の体制がしっかりしていますが、要介護者しか入居できません。
有料は自宅の延長、特別養護老人ホームや介護老人保健施設は病院の延長という考え方をするとわかりやすいかもしれません。
そのほかにもケアハウスやグループホームといった施設もあります。

様々な高齢者施設がありますが、どの施設にも大抵ケアマネージャーが所属していますので、一度訪れて話を聞いてみるのが良いと思います。

MENU